ホーム > 2019年第10回CAFフラメンコ・コンクール

2019年第10回CAFフラメンコ・コンクール 概要

開催日時

一次予選

応募DVDによるビデオ審査

受付期間:2018年9月1日(土)~9月20日(木)必着

二次予選

日時:2019年1月27日(日) 15:30開演

場所:東京・北千住 Theatre1010(シアターセンジュ)

本選

日時:2019年3月2日(土) 16:00開演

場所:東京・北千住 Theatre1010(シアターセンジュ)

優 勝:賞金100万円(含スペイン研修費)+スペイン往復航空券

準優勝:賞金50万円(含スペイン研修費)+スペイン往復航空券

海外留学賞:スペイン留学資格+滞在費補助+スペイン往復航空券


優勝・準優勝者には協賛のガジャルドダンス社よりオーダーフラメンコシューズ進呈

応募資格

スペインでフラメンコ研修を希望する35歳以下の方

(2019年3月31日現在)

応募受付方法

こちらのお問合せからお問合せ内容に「コンクール応募」を選択し送信してください。応募用紙をメール配信致します。応募用紙に必要事項を記入し、写真2枚(うち1枚は参加申込書に貼付)、生年月日を証明できる書類(パスポート、運転免許証等)のコピー、一次予選参加料振込明細書のコピー及び、一次予選画像DVDを、当財団宛に郵送して下さい。(9月20日必着)


※応募にあたりビデオ撮影の場所など、お困りの事がございましたらお問合せ下さい

課題曲・制限時間

一次予選

・アレグリアス系あるいはソレア系(1曲を4分以内完結)

・審査対象は踊りのみ。音源(CD、テープ可)・化粧・衣装等は自由。

・正面からの全身撮影。カメラポジションは高さ1m。1点撮影とする。

・ビデオ編集は不可。DVDに録画の上、当財団宛に郵送。


二次予選

・アレグリアス系、ソレア系あるいはシギリージャ系(5分以内)。

・一次二次は同じ曲でも可。

・演奏者は3名までとする。CD、テープ等による参加は不可。


本選

・自由曲1曲(7分以内)。

・予選以外の曲とする。

・演奏者は3名までとする。CD、テープ等による参加は不可。

参加料

一次予選(ビデオ審査) 5,000円

二次予選・本選 15,000円


※ 参加料は振込とします。必ず参加者の氏名でお振込下さい。尚、いったん納入された参加料は、本人の都合による取り消しの場合返金出来ません。

チケット

12月1日午後12時より受付開始!

それ以前のお申込みは無効」となりますのでご注意ください。


二次予選 2,000円(全自由席)

二次予選に限り学生は二階席無料。事前にこちらからお名前・学生の旨をご連絡の上、お申込みください。(定員になり次第受付終了致します)当日は必ず学生証をご持参ください。


本選 4,000円(全指定席)


→チケットのお申込みはこちら←


尚、6歳未満のお子様の入場はお断りいたします。

※DM会員制度は2015年をもって終了致しました。ありがとうございました。

主催

公益財団法人スペイン舞踊振興MARUWA財団

問合せ

公益財団法人スペイン舞踊振興MARUWA財団

〒105-0014 東京都港区芝3-16-13 MARUWAビル2F

Tel.03-5419-6513 / Fax.03-5419-6514

こちらのお問合せフォームよりお問合せ下さい。

審査員

審査員



一次予選(ビデオ審査)

岡田 昌巳(スペイン舞踊家)

小島 章司(フラメンコ舞踊家)

小松原 庸子(スペイン舞踊家)


二次予選

石井 智子(スペイン舞踊家)

稲田 奈緒美(舞踊評論家)

奥濱 春彦(フラメンコ舞踊家)

鎌田 厚子(フラメンコ舞踊家)

Benito Garcia(フラメンコ舞踊家)


本選

石井 智子(スペイン舞踊家)

稲田 奈緒美(舞踊評論家)

奥濱 春彦(フラメンコ舞踊家)

鎌田 厚子(フラメンコ舞踊家)

祐成 秀樹(読売新聞文化部次長 舞踊評論家)

他 スペイン人審査員2名(詳細が決まり次第告知いたします。)

審査・採点に関して

審査員は公平な審査を期すため、参加者の経歴、所属団体等は伏せ、コンクールで行われた演技(一次予選はビデオの演技)のみで審査します。尚、集計方法は現在の舞踊コンクールの中で最も妥当な結果が出るとされている偏差値方式を採用しております。


一次審査

・日本を代表する3名の先生方による5段階評価。

※集計結果は応募者全員に郵送致します。


二次予選・本選

・技術点と芸術点の2部門で演技を評価。

・上記2部門を各50点満点(1~50)の数字で評価。評価点合計は100点満点となる。

・集計は偏差値方式とする。

(「偏差値」とは、平均値を50とし、50以上、以下で優劣を表す統計的な指標)

・同点者、審議が必要な作品に関しては、審査員の多数決により公平に審議、決定する。

・最終結果に対しての意義申し立ては不可とする。